カーネーションを贈る|日頃の感謝を形に変える|母の日のプレゼントを考える

日頃の感謝を形に変える|母の日のプレゼントを考える

親子

カーネーションを贈る

プレゼント

母の日といえば、カーネーションです。しかし、なぜそもそも母の日にカーネーションを贈るのかご存知でしょうか。その理由は、母の日が作られるきっかけとなった一人の女声のエピソードが関わってきます。アンナ・ジャービスという女性がアメリカにいました。アンナの母親は良い母親であり、アンナはそんな母親が好きでした。しかし、そんなアンナの母親がある日死んでしまい、アンナはたいそう悲しみました。そして、このことから生前に母を敬う日を設け、日頃の感謝を伝える日を作ろうと働きかけ、現在の母の日が生まれました。そして、そんな白いカーネーションはアンナの母親が生前好きだった花ということで、母の日の贈り物は白いカーネーションが選ばれるようになりました。
現在もカーネーションは母の日のプレゼントとして定着していますが、実際に花の色は重視されておらず、カーネーションであるということに重点を置かれています。しかし、ここで注意したいのは、カーネーションは色によって花言葉が違うということです。白いカーネーションは「純粋な愛」であり赤いカーネーションは「母への愛」と母の日の贈り物に最適なのですが、黄色いカーネーションは「軽蔑」であり、ピンクのカーネーションは「熱愛」と若干母の日のプレゼントとしてはニュアンスがずれてしまいます。ですから、基本的に母の日にカーネーションを贈る場合は白、もしくは赤いカーネーションをおくるように心がけておきましょう。

Copyright© 2016 日頃の感謝を形に変える|母の日のプレゼントを考える All Rights Reserved.